トウガラシのあの成分がダイエットに効果的な理由

カプサイシンをご存知ですか?
これは唐辛子の辛み成分ですが、ダイエットにも役立つと言われています。
ここではカプサイシンのサプリメントとダイエットの関係について解説します。

カプサイシンとは

唐辛子の辛みの主成分であるカプサイシンは成長ホルモンやアドレナリンなどの脂肪動員ホルモンの分泌を促進して、脂肪燃焼をサポートする効果が期待できます。

カプサイシンとダイエット

BMIが25から35の肥満気味の人にカプシノイド(カプサイシンの一種)を摂取した実験では体重や体脂肪率に変化なかったのですが、腹部の脂肪率が低下したという事が確認されています。
また、カプシノイドを摂取すると30分後から2時間程度、エネルギー消費が増大する事も確認されています。
つまりはカプサイシンには体の中のエネルギー代謝を助ける効果があると言えます。

カプサイシンが脂肪燃焼を助けるメカニズム

有酸素運動は20分以上行わないと、脂肪は燃えないと言われます。
これはなぜかと言うと、運動時の最初には糖分が、次に血液中の脂肪酸がエネルギーとして消費されて、その後にやっと、体脂肪がエネルギー源に使われるからです。
しかし、アドレナリンが分泌される事により、脂肪分解酵素のリパーゼが活発になり、早い段階から脂肪燃焼がされます。
カプサイシンを摂取する事でこのアドレナリンの分泌を促す効果があるとされています。

カプサイシンの効果いろいろ

脂肪燃焼以外にもいろいろな効果を期待できます。
まずは血行促進です。辛い物を食すると血行が良くなりますが、カプサイシンはエネルギー代謝を活発にして、体を温めて血流を改善する効果が期待できます。
それから冷え性の改善にも有効です。発汗を促進する入浴剤にも用いられるカプサイシンは、末梢血管の血流を改善する事で体を温めて冷え性を改善する効果があります。
カプサイシンの効果はいろいろですが、ダイエットをしたい人もぜひカプサイシンのサプリを摂取してみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ